作る
どんな作り方が一般的なの?

トラックの荷台に載せるキッチンカーの箱の部分は、まず外枠の骨格からつくり、骨組みを覆うように外装を仕上げます。続いて内装や床をつくり、電気設備や水道設備、作業テーブルなど室内を完成させていくというのが大まかな流れになります。

箱・外装
箱・外装に使われる素材とは

箱の部分に使用される素材には主に3つあり、①軽量を重視して骨格に「アルミパイプ」・壁や屋根に「アルミ複合版」を使用しているもの、②丈夫さを重視して骨格に「鉄骨」・壁や屋根は「FRP素材」・ドア関係は「アルミ素材」で作っているもの、③断熱にこだわっている会社では外装を「FRP」・内装に「アルミ複合版」・その間に「断熱材」を採用した三層構造で作っているものがあります。
価格が安いのは①のアルミパイプとアルミ複合版で作っているタイプです。②や③のFRP素材で仕上げている車両は丸みがあり柔らかい印象を与える車両に仕上がります。また、軽トラックの場合、運転席の上に収納棚を作るか否かで10~20万円ほど価格に差がでてきますが、スペースが少ないので収納棚を設置されている方が多いです。

内装
内装は8割がたは同じになる

キッチンカーの箱の部分を軽さ、丈夫さ、断熱性、価格など何を重視して作りたいかが決まったら、続いて、内部の設備・仕様を決めていきます。とはいえ、どこの会社でも限られたスペースに、営業許可を取るために必要な設備を設置しなければいけないので、8割がたは同じような仕様になってくるといわれています。
例えば、出入口は運転席の後方側面、販売窓は助手席側面、作業台は販売窓側の内部、換気扇は後方、シンクと冷蔵庫は使い勝手に合わせて設置場所を決めるというケースが多いです。

標準キットなら短納期

標準キットを販売されている会社では、箱と内装(水道設備・作業テーブル・換気扇・照明・販売窓)までを標準価格に含んでいる事が多く、販売エリアの保健所の要件に合わせて設備やレイアウトを決め、オプションで冷蔵庫やサブバッテリー、後方販売窓、全塗装などお客様の要望に応じて追加して最終価格が決まり、見積もり提示という流れになります。
製作に入ると、作業期間としては2週間~2ヶ月、製作がはじまってからの仕様変更の対応は不可の会社が多いので、製作に入るまでにしっかりと使い勝手を想定して仕様を決めておくことが大切です。

極力DIYで節約

会社へ依頼する部分は最小限に極力DIYで少しでも価格を抑えたい方は、BOX部分だけ購入して、内部の設備はDIYで仕上げる方法もあります。DIYの方向けに専用シンクや作業台のみを販売している専門会社もありますので、購入して設置して仕上げていくことも穴太です。
また、電化製品(冷蔵庫やサブバッテリーなど)は個人でネットで購入して設置してもよいでしょう。参考までに、キッチンカーで人気の電化製品等の設備をご紹介しておきます。

冷蔵庫 ホシザキ Amazon
楽天
走行充電 スターター Amazon
楽天
発電機 ホンダ
ヤマハ等
Amazon
楽天

価格はいくらぐらいなの

一般的なBOXや内装設備のつくり方や使われている素材、設備などは理解できたので、手間と仕上がりの完成度、予算とスケジュールなどを考慮して、どのように作るのが自分には合っているのか判断していただければと思います。では、DIYではなく、専門会社に依頼してキット購入やオーダーメイドで依頼した場合、どのくらいのお金がかかるのか、みてみましょう。